自己開示する自分、自己開示しない自分、自分を開くカギは自分の中にある

昨日、11月26日は、亡き母の誕生日の日です。
生きてたら、今年80歳の誕生日♡

ふと気がついたこと(笑)
誕生日とか、命日とか、記念日とかって、ちゃんと自分と向き合うようにできてるのかな?って思った。

自分と向き合って、自分の中の闇と会話して、気付いて受け入れる
この作業って生きてたら永遠の課題

それを当り前のようにしてる人が、もしかしたらみんなが尊敬している人の一人なのかもしれないよね。

モデルさんや女優さんが、自分の体のメンテナンスで毎日当り前のように行っていること。
それが出来ない(当り前じゃない)人は、一生懸命ダイエットを頑張っている(笑)
↑  ↑  ↑
うん、わかっちゃいるけど、ダイエットと言いながら、毎日に当り前にするのではなくやりたいときだけやってる私www
それじゃ、痩せたり太ったり繰り返して当り前(爆)

っていうのと同じように
心の在り方というか、自分と向き合うってのも、実は日々の積み重ねだったりするよね。

自己開示する自分、自己開示しない自分、自分を開くカギは自分の中にある

10年目を迎えて、仲が良いんだか悪いんだか(笑)の関係性ってどうよ!?

って夫婦の在り方というか、人間の生き方なんてのを昨日書書きました。

私たち人間って、学ぶために今この地球に転生して生きている。【学び】の中身は人それぞれなのだけれど、行きつく先って一つなんだろうなって思う。

①ヒーリングとか、エネルギーワークとか、チャネリングとか、いわゆるまったく目に見えないスピリチュアルなツール(カードとかもだね)
②カウンセリングだとかセラピーだとか、いわゆる自己啓発?みたいなツール
③占星術だとか個性心理學とか気学だとか、いわゆる統計学、帝王学などと言われるツール
④ボディーからアプローチする肉体のツール
⑤代替え療法的な学びから受け取る、西洋医学が当り前じゃないツール

とかとか
世の中には、本当にいろんなツールが存在しますね。

いろんなツールが存在するのだけれど、結果的にはアプローチの仕方が違うだけで、行きつく先は「愛」なんだろうなって、大きな気付きを私自身が受け取るたびに改めて思います。

そして、そんなツールを自分自身が手に入れていると、ある程度は自分自身で開くことができるという流れもあります。だからこそ、私はセッションを受ける側だけではなく、自分を変えていくために、学びを選択します。学ぶことで、自分自身もそのツールを使えるようになるからです。

ツールを使って提供する人が増えたらクライアントさんが減るかもしれない(笑)
これって、実際減りません。減ったとしたら(そう感じたら)、自分自身にそれだけの実力(魅力)しかないって現実もあるけど、そうなるようにそこから学ぶために、あえて自分がそれを創りだしているという現実もあったりします。

 

今回(数年だったり数カ月だったりしますが)、目の前にいるパートナーである旦那を通して私が学び受け取る必要があったこと。それを、宇宙の星星から促され、学び受け取り認めるという逆らうことのできない、魂の学びと宇宙からのメッセージ。逃げることが出来ないなら、とことん向き合ってみよう!!!なんて、腹くくったのはいつだったかな。

パートナー(旦那)を通して、私の魂が学びの目的として今回意図して生まれてきた、魂の使命の一つ【家族愛】のテーマを学びきるためだったのかもしれないなとようやく腑に落ちました。

そしてこの【家族愛】というテーマは、私の魂の使命であり、もちろんパートナーである旦那の魂の使命でもあるんだろうなと思いました。

よく、目の前で起こっていることは「鏡」だと言われます。
そして、夫婦とかは更に学びのための鏡、みたいな感じにも。

この鏡って、反面教師的な形で言われたり、受け取られたりすることが多いけれど、それも違うなって今回思いました。
反面教師で鏡として学びの存在だから共にいる!のではなく、魂の決めてきた使命やテーマが同じだから共にいるんだなって、なんとなく思いました。

私は私の魂が決めてきた、【家族愛】というテーマを、私自身が育ってきた環境から学びきる事が一つのテーマであり、旦那は旦那の生まれた環境育った環境から自分の魂が使命として決めてきた【家族愛】と向き合うテーマと向き合っているだけ。

そうなんですよね。
向き合い方が違う(立場とか、性別とか、環境とか)から、知らない世界を共に見るために一緒にいて、そして最終的には何がしたいかというと、どっちかが正しいとか間違っているとかを決めて生きるのではなく、そこを超えて見えてくる在り方【まったく新しい家族愛】というものを創造していくために共にいる。パートナーって、そんな存在なんだろうなって思う。

そして、そんな関係性を築いていくには、

・自分を開かなければ何も始まらない
・自分と向き合わなければ何も始まらない
・否定だけでは肯定につながらない
・気付きを受取ろうとしなければ覚醒にはつながらない
・認めて受け入れなければ受容が出来ない
・逃げているだけでは欲しいものは手に入らない

ってことではないかなと思うのです。

これをやり遂げるには、お互いに腹をくくって逃げないで向き合うってことが必須なんだけれども、そんなパートナーと出会って繋がったら、魂の使命を学びきるためにとことん自分を出してみると良いんだなって思う。

 

売り言葉に買い言葉で、暴言吐きまくった喧嘩しても
今の生活継続するの嫌だから離婚したいって言っても

結局全部受取ってもらってたわ(笑)ということに、ふと気がついた、母の80回目の誕生日の朝。この気付きは、母親が教えてくれたんだろうなと思うんだよね。

目に見えないことだけれど、目に見えない存在からの、目に見えないサポートは確実にある。
信じる信じないは別として、愛する存在には時空を超えてメッセージが届けられることがある。

それは、

・母なる大地の愛の時もあれば
・父なる宇宙の愛の時もある
・男性はどこまでも広い広い偉大な宇宙であり
・女性はどこまでも守るべきものを守っていく母なる大地

スピリチュアルな世界では当たり前のように言われていること。でもあるけれども、卓上の脳の知識ではなく、私は自分自身の魂に落とし込む体験を自分で引き寄せる傾向があるので、その濃い学びを共にすると決めて、共に向き合ってくれたパートナー(旦那)には感謝です。

向き合うを繰り返し、気付いて受け取っているのに、人生変わらないし、思い描くような流れにならないと感じているとしたら、それは向き合いながら【言い訳と逃げ道を探している】からかもしれない。

人生好転は、奇跡で起こるものではなく、自分が決めて起こるもの。
そう!なんでも、自分!!!で決めている。ってことにある意味本当に気がつかないと、本当の意味での思い描く未来は創造することは無理かなって思う。

ただ一つ言えることは
その時々の選択の中に、【楽になりたい】で、本当の意味で、自分とも周りとも向き合うこともせず逃げて生きるを選択して生きてたら、その場しのぎでは何とかなっても、本当の意味では何も変わってないっていう現実しか待っていないということ。

苦労自慢や不幸自慢が目的ではなく、濃くて苦しくても、自分に正直に自分と向き合って生きるを選択して、自分と周りと向き合って生き始めると、流れも整ってくるんだなって思います。

良きも悪くも、豊かさの設定も、お金の流れも、人間関係も、全てにおいて、自分の中にある気付いていない設定が全部を創り上げているということ。自己啓発系というか心理学的に考えると、気付いていない設定(潜在意識)となり、スピリチュアル的な流れで考えると、魂の本来の使命を、受け入れていくと、面白いくらい流れが整って、変化が起こってきます。

ぶっちゃけると
「こんなの嫌だー!!!」って叫んでる現実さえも、自分で創っているということ。それに気がついて、自分自身が、変えることを決めて生きると、人生変わるよ。

いきなりガラッと流れが変わって、目の前にやってくる人もいるかもしれないしよね。
でも、人間ガラッと変わることに不安を感じるし恐れを抱いたりするよね。そして、流れに乗って突き進む人と、足踏みして引き戻しちゃう人とか。それもまた、自分が決めること、だったりします。

だからだよね!
変わる変えるを決めたのに、何にも変わらないと感じる人もいるかもしれない。それは、石橋を叩いて渡るくらいのスピードなのかもしれないけれど、それでも間違いなく前には進んでいるということを知ることが大事かもしれない。

変わること
変えること
それは自分の中の恐れを乗り越えることなのかもしれませんね。

でも、超えた先にあるもの!それを見たいなら、自分で決めて超えてみる価値はあると思います。

 

 【開運・引き寄せアイテム】

宇宙に一つだけ@オーダーブレス製作 販売中

【個人セッション&遠隔ヒーリング】 

◎初めましての方からお久しぶりですの方までトータルにおススメ
ステップアップ☆AbundanceVenusセッション 案内中
未来と繋げる過去の統合ワーク案内中
未来地図書換え☆思い込みを外す設定変更セラピー案内中 

AbundanceVenus(アバンダンスヴィーナス)ヒーリング案内中

【講座案内@個人セッション風講座で変化変容】

未来地図書き換え講座~未来を創る内なる声の鍵~案内中
インナーボイスセラピスト養成講座案内中